2007年07月21日

アニメ・シグルイ

…のアニメを見ました。第一話。
原作とも違う意味でのリアルな絵柄にいっそ実写でやったらどーよ、とか思いましたが、下手な演技や役者個人の解釈いれられるのも我慢ならんわなぁ、きっと。
素晴らしい映像。ぅおう。
筋肉(とゆーかー人体模型?)が浮かぶ演出も素敵。
顔アップに眼球が丸いなぁ、と感心。瞳のかき方が美しい。
モツデロリはやはり軽くモザイクか。それでよし。(先行放送では鮮やかな総天然色ですよー、だったそうですが、要らぬ。その手のことだけが話題になるのもファンの方は嫌でしょうよ)
伊良子の声優さんにびっくりしたよ。
伊良子:佐々木望
しゃしゃき!?
あぁあぁ(狼狽)変わったねぇー声質本当に変わったねぇー全く気づきませんでした。いや、文句ありませんけど。
原作読んだんですけどその感想はまた後で
posted by シカバネ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

学園戦記ムリョウ

…のビデオを発掘したので延々と見続けています。面白い。
なんか気の抜けたカンジでほのぼのとしたSFですよな。
肩の力をぬいて楽しめますよ、語りたいタイプの方にもイイカンジに謎がありますしね。
晴美ちゃん好きなので(いや、ムリョウは私にしては珍しく嫌いなキャラがいないのですけど)19話なんて何回見たことか。
全話ビデオにとっていたわけでは無かったので…あれ?これって確か放送当時番組を観られなかった友人に頼まれてビデオ録画してたんじゃなかったっけ。
…やばい、友人に渡すの忘れてそのままだったんだ。
ま、いーか。
で、えーと、そうです、全話手元にあるわけでは無いので、いっそのことDVDBOX購入してしまおうかしら、とネット通販をたくらんで見ましたが、限定生産だったの?
密林にいたってはユーズドがプレミア価格ですよ、定価の2倍以上ですよ。
せめて定価の3万円以内なら手も届くのだがなー。
うーん。北米版DVDを購入しちゃおうかなー。BOXでお値段はちょっとお高いゲームソフト位だし。
リージョン1だけどパソコンで観る事は出来るし。
気になるのは画質なんだけど、どうなのかなー。
お値段安いんだから、と言われたらそうなんですけどね。
どーしよどーしよ。
ところでムリョウって今見ると最強の弟子によく似ていて笑ってしまいました。
posted by シカバネ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

アタゴオルは猫の森

…の映画版DVD…購入しようかどうしようか。
ギルバルスー!!が目的ですがな。あっはっは。好きだー!ギルバルスー。
人間(ツキミ姫とかテンプラとか)は、まぁ3Dってコトであまり期待してないんですが(頭身下がってんなぁヒデヨシが原作そのマンマってカンジなんで一層その差が…)公式HPで観た予告編あたりの映像は綺麗だし声優さんも問題なしってカンジですよね。
で、何がネックかっつーと、金額。
80分で約8千円。
ワオ。
この値段を安いと感じるか高いと感じるかでアタゴオルに対する愛を計っているんだろうか。いやいや。
最近買った邦画のDVDは軒並み5千円以下だったので、一層お値段お高く感じますよ。
映像特典とかついてないのかなーシチューのCMのアニメとか今まで作られたアタゴオル関係のアニメ全部、とか。
シチューのCM以外見たことないんです、こーゆー時田舎って不利だよね。
東京とか大きな街で単館上映とかやられるともーなー。
大きな会社なんかは地方から世界へ事業展開とか時代は変わってきてますが、オタク文化は相変わらず都会中心なんじゃいこん畜生、てコトで。
(ところで大きな会社が地方展開する場合都会から地方に転勤する方々は喜んで行きますか?なんか私の知人や身内はもれなく単身赴任してんですが。ウフフ単身赴任先で浮気して家庭崩壊しちゃえv(地方在住の人間の黒い考え))
それにしてもアタゴオル。
そのうち爆走兄弟レツ&ゴーのDVDBOXも発売されそうだし(なんか特典ついてるのかとそれが…)蓄えておかなきゃー。
うーんうーん。
posted by シカバネ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

アクエリオン

…のOP曲を探してました。ほら、アレ、いちまんねんとにせんねんまえからあいしてるー、のアレです。
CD屋さんで探しても見つからず、歌ってるヒトのアルバムに収められてるんじゃ、と探しましたが見つからず。
…見つからないわけだよ、ネット検索して知りました…アクエリオンの歌って、真綾ちゃんじゃなかったのね!?
ずーっと坂本真綾ちゃんだと思ってたよ、テヘ。
AKINOちゃんというお嬢さんが歌ってらっさいました。
あー…よくよく聞けば確かに真綾ちゃんの声じゃないや。
ようつべでしか聴いたこと無かったんで気づかなかったよ、だめだわねー。
アニメは未見でーすー。それはともかく。
ネット検索でダウンロードできる音楽サイトを見つけて購入しましたー。一曲200円ー。
一万年とー2千年前からあーいーしーてーるー。
posted by シカバネ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

地球へ感想ー

…ぎゃー録画CH間違ってたー。
あぁあーリアルタイムで観ていて良かったー(録画は出来なかったけど)最悪見逃しだけは避けれた。
とりあえずシロエは生意気で反抗期ー。
てゆーか小さいなぁ新入生、先週のキースやサムもこの位だったのかしら、…違うと思う。
スウェナの結婚とかそーゆーの、スウェナが「疲れちゃったの」ってのがちょっとひっかかったのですが、それよりもシロエの挑発的なセリフが、うーん。
スウェナが結婚してエリートコースから外れたことに「つきあっている人間で程度がしれる」とキースを挑発するのですが。
おい?
ちみは優しい両親の記憶を無くしたくなくてジタバタしているのではなかったかね。
エリート目指してたワケじゃないよね?
「あなたは(キース)人の気持ちが分からないんだ!」とかゆーてるのもなんとゆーか、台詞内容が一貫してなくてうーん。
何だろうなぁ、人間らしい気持ちを残したまま中枢へと斬り込んで行きたいのか、しかしそれなら何故スウェナのことを侮蔑するようなセリフを吐くのか。
気になったこと。
「恋愛はするけど、エリートコース行きたいから結婚はしないわぁ」みたいな世界観を表す(一般人の)セリフが無かったことがちょっと気になったり。

 
posted by シカバネ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

今更ながらに観たアニメ

ふたご姫ギュ!の最終回を今更観ました。
観なきゃよかった。私はシェイドとレインのカップル推奨派なので、ギュ!は無かったコトで。えぇ。
ギュ!はあまりに…なんとゆーか、お…おもしろくなかったので…(恐る恐る)途中から全く観てなかったのですが、ファインとシェイド、レインとブライトのカプ確定(なんだろーなー)でとどめ刺されたカンジです。

グレンラガン
:第一話を漸く観ました。
面白いと聞いてたのですが、何でか観てませんでした。
男も女も半裸!女の子が狭い道をズリズリ歩いていく姿に「何故ブラがずれない!?」いいけどさ。何だ、このやりきれなさ。(自分)
いろんなトコでオバカで熱いセリフに笑えました!
面白い!
「オマエを信じるオレを信じろ!」
島本和彦か!?
ロボットの顔のでかさに80年代くらいのサンライズロボットを思い出しました。
えーと、ホラ、グランゾートとかガラットとかあの辺。(あ、グレンラガンを新番組の中では一押し!と喜んでた姉がガラットを口に出してたな)
主人公はまだ子供子供してるシモンくんなのですが、とりあえず注目したいのは兄貴分のカミナ。
おバカで熱い男そのままであって欲しい!
ところで私、まだ1話しかみてないんですが、友人が「思ったよりもホモくさい」とかぬかしてたので、熱すぎる義兄弟愛で、ヒトツお願いします。
期待したいけど、ガイナックスアニメだもの、正直、期待でき…ゲフンゴホン。
うふ、がんばれ!ガイナックス!
変に奇を衒わずに面白いロボットアニメをお願いします。
単純な話でいいじゃないの、観終わって「面白かった!楽しい!」ってアニメが観たいのよぅ。

posted by シカバネ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

アニメ地球へ第6話感想ー

キースが今回の主役。
成人検査を通過して教育ステーションにやってきたばかりの新入生を迎える例の「君は一人じゃないさ、さぁ隣の友人の手をとりたまへ、彼(彼女)は君の兄弟であり家族なーのーだー」って、アレ。
キース、サム(ジョミーの友人)も歓迎を受ける新入生なんですが、興奮する周囲に反して一人冷静なキース。
どこか他の子供たちと違ってるキースに物怖じせず話しかけるサム。
いー奴だなー!
上級生のいかにもエリート然として嫌なやつが、いかにも嫌な奴らしく「君はエリートなんやけん、友達は選ばななぁ」
「そーですなー、ヒトを見下す奴らとは付き合えませんなぁ」とサク、っと先輩を振ってサムと連れ立って歩いていくキースさん。
で、後半。
キースたちの後の新入生を乗せた宇宙船がトラブルにあい、司令塔とは連絡がつかず、このままじゃ大惨事。
先輩達は避難しますが、事故は急を要するんじゃ、とキースが独断で救助に向かいます。
船外作業は得意だ、とサムがついて来てくれます。
ほんっとにイイ奴だなー!サムー!
二人によって救助された船にはサムとジョミーのアタラクシアでの同級生・美少女スウェナがいて、助けてくれたキースに頬染めてますよ。
汚染された(そゆコト?)エリアは基地から切り離され、その衝撃で虚空に放り出されたキースさんを助けてくれたサムさん。
友情イベントですよ!素直にサムに礼を言うキースですよ!
てゆーか、どーもこの事故もキースの適正を確かめるためにマザーが仕組んだ事故っぽい。

今回、全編オリジナル(成人検査後のガイダンスは原作通りですが)です。
サムとキース、スウェナの出会いが描かれていて、私は割りと好きです、コレ。
いかにも有りそうだし。
このままオリジナルのお話がちょっと続くかな、と思いましたが次回、シロエ登場ー。
…まぁへたにスウェナとキースで恋愛モノやられるよりかマシかなぁ。
何にしろ今回の萌えどころはアレだろ、脱ぎかけキース…ではなく、頼りがいのあるイイ奴!サム!
一般人はこんなカンジでイイ奴多いんだろうけど、対ミュウとなるとアレなカンジになるのかしらね。んー。

posted by シカバネ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

地球へ5話感想ー

生きとるやんけ。
一番の感想がコレでしたが、ソルジャー生きてるじゃないですか。
アニメ公式サイトの次回のお話で普通にソルジャーの名前があったんで「え?」とか思ってたんですが、はぁ、生きてますか。
前回のアレは何だったんだ、このままソルジャーブルーは眠り姫状態でいくのでしょうか。
ソレならソレでいいですけど。
ジョミーがソルジャーの座に就くのに、今からもう一山あるのでしょうか。
無理やりソルジャーブルーが逝くためのクライマックス用意されるのも腹立たしいんですが、ま、ソコのとこはお話次第ってことで。

今回のお話は、前回のラストで登場したセキ・レイ・シロエを中心にお話が廻ります。
ミュウとして力の使い方を学ぶジョミー。幹部とゆーか教官とゆーか、に怒られプンムカのジョミー。
落ち込んでもいいことないし、幽体離脱ー(ちがうか?)でフラフラしていると、ジョミーを見つけるチビシロエ。
「ピーターパンだ!」大喜びのシロエですが、この世界、ピーターパンがあるのか…禁書になってそうな気がするんだが、成人検査で記憶を消しちゃうからいいのかしら。
結構情操教育について考えてるのか、マザー。
あの子供、何かある?先ずはソルジャーブルーのやり方を見習って、シロエの夢を訪れます。
シロエにミュウとしての力を見つけたジョミー、お休み中のソルジャーのところでブツブツと「あのこもそのうちユニバーサルに捕まって殺されるのか、でもワシ無力やけん…」
こんなのが横にいてソルジャーブルー鬱陶しくないものですか、それとも微笑ましくおもってんですか。
よっしゃ!殺される前に保護するで!とシロエの前に姿を現しますが、まだママ大好き時代のシロエに思いっきり拒否されます。
押し問答しているとミュウの船に攻撃が。ちなみに攻撃している武器を作ったのがシロエのパパン。

決して「何うちの子浚おうとしてんねんワレ」ってワケではなく、ミュウの船を探すためトレーサを開発していて、まぁ上手くぶちあたったってカンジ?

「すいません遅れましたー」とやってきたジョミーさん。
船を探索していたトレーサをドッカン、シールドで船をばりやー、と役に立つなぁジョミー。
てゆーか他のミュウたちどこまで戦闘に関して役立たずなんだ…。
うろたえるミュウたちにベッドから指示を与えるソルジャーブルー。
…トチロー状態?…何かコトあるごとに「我が親友よ…」とかジョミーが言い出したらどうしよう。
いや、その場合「我が親友(トモ)」って呟くのはフィシスの方が立場的に…。
眠り姫ソルジャーブルーの傍で膝抱えて自分の力の無さを嘆くジョミー。
パチリと眼を開けてえーこと言うソルジャーブルー。
まぁやるだけやってみんしゃい、てトコでお話は締め。
次回からキースが登場ー。

ブレイブストーリーが放送されてます。
いやぁ宮部みゆきさん大好きだけど、この人、現代ファンタジーよりも不思議な時代モノの方が断然面白いと思う。
何だかファンタジーの定番的な職業とか役割とか日常的なこととか。
あまりに定番過ぎてゲームのパロディかしら?と思ってしまって素直に楽しめない。

posted by シカバネ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

延々ダビング

友人に渡すために某大人気アニメをダビングしてます。
…手持ちのデータは14話分。CMカットしないとビデオテープに収まらないので、PC画面で確認しながらテレビの画面はFE。
面白いアニメだからいいけどさ。
それこそ昼ドラ並に展開速いんで、一話見逃すといつのまにこんな事に!!とビックリさせられるアニメ・こーどぎあす
ロボットアニメなんだけど主人公がエースでは無いのがちょっと好き。
カッコつけてアレコレ采配振るってるけど、敵方のエース(竹馬の友)にボコボコにされて窮地に陥ること数回。
そんなオマエが好きだ!
てゆーか、旗頭で参謀が最前線にたつなよ!でもそれじゃつまんないけどね。
最終回までまだ観れてないのですが(おねーさーん!ギアスのデータ送り忘れてるよー!最終回ー!)
友人もPCは持っているのですが、活用していないようなのでビデオで渡します。
てゆーか、PC活用して動画配信サイトで観てもいいのか。
…いや、アレは環境整ってないと途中で何回止まるか分かったもんじゃない…。
観るまでは腐女子狙いみえみえで嫌なカンジ、またジプシージャンルな方々が大移動じゃね、と思ってたのですが、あれ。面白い?
すいません、ランスロットのシルエットは好きです。
皇女殿下登場の際は「…うわ…」とか思っちゃいましたが。後、展開速すぎてちゃんと観てたはずなのに「あの話ってどうなったんだっけ」とか時々お話が(私の中で)繋がってないこともありますが、ま、面白いので、えぇ。
朱雀さんのやり方には度度イライラさせられますが、その辺りのイライラを同じようにイラっとして補完の為に小説を書いておられるサイトさんも発見して、旬のジャンルはこーゆーのが嬉しいなー。

…毒は吐かないよ!
好きなサイトさんが放送終了と同時にサイト閉めちゃったコトとか。
連載終了のその週にサイトからコンテンツが消えてたりとか。
旬のジャンルは諸刃の剣だよなー、なんて…。
 

「脚本家さんがプラネテスの人だってきいてスゴイ期待してる」といった友人に対し、「げ、アニメ・プラネテスの作家?そりゃダメだ期待できねぇ」とか思っちゃった私。
ごみんなさいねぇ。プラネテス原作ファンだったもので、あのアニメの愛ちゃんの性格には「絶望した!」だったの。
アレだ、アニメ・プラネテスの脚本家さんだと思うから「ぅあ…」なんだよ。
私の好きなアニメを…好きな…あ、かろうじてキングゲイナーがあった。良かった…。

紅蓮弐式。私、ずっと紅蓮錦だと思ってました。
きれいな響き、とか思ってましたが、マーク2か…。

posted by シカバネ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ココロさん

ONEPIECEのアニメをまとめ観しています。
ロビンの「生きだい!」の辺り。
フランキーと一緒になって「バカヤロー!好きだー!おまえらー!」と叫びたい気分です。面白いわーワンピース。
ウソップとゆーか狙撃ングのかっこいい声にうっとりですが、じわりと泣かせてくれたのが、ココロさん。
暴走海列車ロケットマンを駆り麦わら海賊団を助けるのですが、その時のセリフがー。
海賊王ロジャーがあんまりにも素敵なバカだったからトムさんたちが手を貸したように、性懲りも無くトムズワーカー総出で海賊小僧、麦わらの一味を助けちゃってるよー、ってココロさん。
「あんたでもこうしたろ?トムさん」
なんて沁みる声だぁー!ココロばばぁ素敵ー。
声優さんは真山亜子さんー!ってちびまるこちゃんで聴くあの声じゃんー。
アニメ・ワンピースはこうして録画してもらったものを纏めて見るくらいなのですが、久々に見て驚きました。
同じシーンをCM前CM明け、先週のおさらいも長いし、いやー、使いまわし多いな、おい。
ワンピースの映画を観に行く前に上映終わってしまいました。あーぁ。
名探偵コナンは上映終了する前に観にいかなきゃな。


 

posted by シカバネ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

シャイニングティアーズ・X・ウィンド1話

萌えアニメだと初めから覚悟して見るべきでした。
いやーもう頭煮えちゃって大変。
誘拐なのかなんなのかな事件が続いているので生徒に注意を促そう、と5人の学生が話し合っているシーンからお話は始まります。
この5人にプラスメガネ娘の後輩が入った6人で物語を廻していくようですよ。
メガネのSMカプ(うそです、いかにもですが先輩後輩)西園寺とヒルダ、手ごろに何でも一通り出来そうな出来すぎ美男美女(でも片思い)カプ・ソーマとクレハ、元気娘と腐女子的に言うと性別「受」っぽい男の子の幼馴染カプ・キリヤとシーナ。

微妙にいろいろとアレなのですが、あんまし気にしてはいけません。
メガネ娘が息を切らして図書館で見つけた本をご主人様…ではなく、先輩に見せます。

先輩・西園寺ハルトくんはソレを受け取り。
「どこかに書いてあるはずだ、異世界への行きかたが」
図書館にあるんですか…そんな本が…。てゆーかなんでそんな確信をもって「異世界」を語るよ…。
で、この後異世界に自力で渡ったのか謎の少年に吹っ飛ばされたのかは謎ですが、SMカプが行方不明となりシーナの提案で休日に見回りをする事に。
「念のため各自武器を持参してね!」
武器…武器ですか…普通の高校生が武器。
随分と物騒な世の中なのですね…。
仲良さげなシーナとキリヤを見るクレハと、そのクレハを見つめるソーマ。

鈍感なキリヤは気づいてないけどクレハはキリヤにラブ片思いなのだそうです(ソーマさん推理)。

そんなコトを想定していながらクレハと一緒の帰り道、何をテンパったのかソーマくんたら「おれはお前が好きだー!」あらあら、いろいろ詰め込みサービスな第一話。
行き成り告って「何事にも本気になれるのがソーマくんのいいところね」と流されるソーマくん、ひどい!酷いよ!クレハちゃん!
きっぱりと「ちょっと顔がいいからって調子に乗ってんじゃないわよ」って切り捨ててあげてよ!
気まずさを甘酸っぱくかみ締める暇も無く二人は狼男に襲われ、なし崩しに猫耳娘と狼男の戦いに巻き込まれてしまいますが「俺たちも手伝うぜ」とソーマさん。
うわぁスゴイ、ソーマさんたら狼男を素手で殴り倒しちゃいましたよ…。
その後もなし崩し的に異世界に飛ばされ、モンスターに襲われ、クレハちゃんはヒロインらしく服を切り裂かれー、と。
ソーマ君の力足りずクレハちゃんがでっかい剣で刺されますが、胸に刺さった剣、にしてはモンスターの持ってた剣とは形も大きさも違うのでクレハちゃんから生えた剣?をソーマくんが握ると。
マフラー巻いて雪の舞う中、クレハちゃんが「受け取ってマイハート」。

バレンタイン前かクリスマス前を想定したかのような幻です。
ソーマくんは剣を受け取るわけですが、現実のクレハちゃんは「その剣は?」本人分かってません。
ソーマくん自信たっぷりに「この剣があれば負ける気がしねぇぇ!」
…拳で戦うタイプじゃなかったのか、チッ!
そこで待て!次回!です。
気になるのは「ゼロ」という少年。
そもそも猫耳娘マオはこのゼロを探して世界を渡ってきたわけです。
で、猫娘、いけしゃあしゃあと抜かしましたが、その渡ってきた扉から狼男も侵入したんですってよ。(ちょっとは責任感じろよ)
ゲームやってないんで良く分からないのですが、このゼロくんはゲーム「ティアーズ」の主人公ですよね?名前違うけど、主人公の紹介文は「光と闇に」なんちゃらかんちゃらだから。
まぁそんなコトはどーでもいいんです、重要なのは。
お前はどこのブラックマトリクス、っと叫びたくなるそのデザインだー!
そんなに珍しいカッコではないけど、名前から連想しちゃってね。うん。ごめんね。
シャイニングも遠くへ来たなぁ…シミジミ。

posted by シカバネ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

地球へ3話感想ー

第3話感想ー。
リオはー!?
いや、ソレだけでは無いのですが、リオが大変可愛いので、と言いますか、メガネが!
いいねぇ、メガネ。
アタラクシアへと向かったリオとジョミー、しかし、家には既に誰も居らず行く当ても無く町をうろつく二人。
うっかり学校に向かって教師に見つかるジョミー、で追いかけてきたリオとちりりん二人乗り。
ここでリオの生い立ちや何やかやが語られるんですが、いいシーンですよ。
この後ユニヴァーサル(だっけ?)に捕まり、ミュウの船についてこんぴーたーに頭の中を探られ、負荷をかけられ苦しむリオの姿をみてジョミー爆発。
原作と違うジョミーの覚醒です。これはコレで王道ってカンジで面白いなぁ。
とりあえずジョミーは空をかっ飛んで行くわけですが、すいません…壊れた施設の中で倒れてるリオも回収して上げて下さい。
ジョミー救出にソルジャーブルーが向かい…。
…次回までか!ソルジャーの寿命…おぅおぅ。
ソルジャーブルーの記憶や想いをジョミーが受け取るシーンがどんな風に描かれるかが楽しみです。

ジョミーのママの声が島津冴子ちゃんぽくてあれ?と思ったら、声優はゆかなちゃんでした。
あー…声質似てるかな?
冴子ちゃんの高笑いが聞きたいなー…。

posted by シカバネ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

寺へアニメ

またもこんちくしょうなネト落ちしてた間に始まってしまいましたよ、「地球へ」も「守人」も。
「守人」に関しては先行放送を見たので、覚悟完了してたのですが、さて、どうよ?「地球へ」
第一話放送時間は友人と遊びに出ていたので、リアルタイムでみてはいなかったのですが、携帯に姉から。
「テラみた、言いたい事はゴッツある」のメールが。
…そうか、言いたいことがソレほどに。
で、深夜に姉に電話しながら録画していた「地球へ」第一話をみました。
あら、結構私はオケだわ、これ。
姉、最大の不満「華がないわー!!」
うん!それは私も思ったよ!でも大丈夫!そんなのなれちゃうから!どっちにしても竹宮恵子さんそのままの絵は無理だもの!
大体の感想がネットでキャラデザみた時の私の感想とかぶってたんで、…姉妹だなぁ…。
で、OPで並び立つミュウの皆さん…の中に「お八重さん!?」(…とニナ)そっくりの女の子が!

「私を月まで連れていって」の二人でーすよー。
おぉお…ファンサービスかー、てーかニナは超能力者だったな…ダンもでてくるかなー。

…出ないと思うけどジルベールとか出たらどうしよう。怖ぇなそいつは。
第一話の流れとしても文句なしだし、なにより、キャラクターが原作のイメージ崩れてないんで(行動とかセリフとか)満足ですよー。
てーか、ママとか優しいんですけど、やっぱりこのあとミュウの子供たちの憧れの種となる「ママ」だから優しいママンにしたのかな。

で、第2話放送ー。ジョミーがミュウの船へと連れて来られます。
歓迎ムードの中、事態についていけず戸惑い怒るジョミー。
クタクタにお疲れのソルジャーブルーをテレパシーで捕まえて、あんたらがジャマせなんだらわし成人の日乗り切ったんじゃ、今すぐアタラクシアに帰せー!と要求しますよ。
わー2話目もまだソルジャーブルーが生きてたー。良かった。
ニナそっくりの女の子は、名前やっぱりニナでした。(EDロール)
ともかく次回ですよ、次回もまだソルジャーブルーは生きてるのか、次回で命尽きるのか。
思ったよりもアニメの出来がいいので嬉しいですよー。
EDOPは可も無く不可も無くってカンジで印象無いんですが、あの時間のアニメらしい歌なのではにゃいかなー、と。
流石にダカーポのあの歌をリメイクも出来ないだろうし。
だって、ダカーポ以外の方にあの歌歌われてもやっぱなんか足りないと思うしさ。
ダカーポのあの歌あのまま使えばいいのに、とちょっと願ってたんですが、無理でしょうよ。ちぇ。
で、テレビアニメの公式HPに行ってみると、いろいろお楽しみがあって楽しいですよ。

地元話…地元のお菓子屋さんの春のロールケーキ、日向夏ロールが美味いわー。
他にも桜ロールとか抹茶ロールとか5種類あって他のもおいしいんだけど、日向夏ロールが一番好きだわー。
うまみー。

posted by シカバネ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

あしたのンジョー!

…何気に衛星放送をつけるとあしたのジョーを創ったアニメスタッフさんたちの話を放送していました。
違うけどな。
えーとBSアニメ夜話スペサルとことんあしたのジョーでした。
ジョーのファンの映画監督さんがアニメ・ジョーの作画監督さんや音響監督さんたちを訪ね歩いて当時の話を伺って…なんてうらやましいコンちくしょう。
先日「守人」の制作サイドの番組を観たときは耐えられずに見るのやめちゃったんですが、この番組は思わずDVDに録画しそうになりました。
(番組途中だったんで諦めましたが)
だって!荒木監督や出崎監督、杉野監督の苦労と努力でちよ!?
どんだけ考えたんだろう、どんだけ苦労したんだろう、って思うとたまりませんよ?ありがたすぎますよ?
無い道を切り開く(当時)若者たちの話ですよ?

基本的に技術者さんたちの工夫話は好きなので、スタッフさんの制作話は大変楽しめました。

…先日の「守人」も技術サイドのお話だったら楽しかっただろうになぁ…。
あ、今リングで両者KOで倒れたジョーの傍でおっちゃんが泣いてます。
おっちゃんしみじみいいなぁ。
はー…石田敦子さんの「アニメがお仕事」が読みたくなったなぁ。(返す返すも申し訳ない)
ちばてつやと言えばテレビ天使よね、文庫にでもなってないかしら、とネット検索してみると…電子書籍になっとる。
ぅおぉ…つくづくスゴイ時代になったものだわ…とりあえずダウンロードして読んでみよう。

posted by シカバネ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

第一話

観てみました。「精霊の守人」第一話。
きれいな絵ですね。声優さんも激しいイメージのずれも無くいいカンジです。
OP、EDもキレイですね。
ラルクは何言ってんのか聞き取りづらいんで、ある意味歌詞が気にならず、NARUTOの初代OPよりも全然オッケーでしたよ。

「8人の人の命を助けるために用心棒をしている」そう二の后にバルサが語り、チャグムを連れて逃走しようとするバルサに二の后が問う。
「皇子は何人目じゃ」
「8人目です」
あり?と思ったのですが、纏まりよく単純に締めてるんだろうなぁ、とゆーことで。
ここで「もう数はわかりません」とか言っちゃったら、二の后も「えぇー!?何言ぅてんのん!?この人!」ってカンジだろうし。
そもそもここで語れる話じゃないし、てゆーか別にここでこの昔話を匂わす必要ないじゃん、とも思ったんですが、長いスタンスで見れば後でコレが効いてくるんでしょう。
(んーなわけないか、こっから二の后の出番無いしな)
30分番組らしく毎回纏めるのって大変だなぁ、というコトで。

posted by シカバネ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

守人の先行放送ー

ゥーいえー!精霊の守人先行放送ー!ぱちぱちぱち!
気分盛り上げながら観ています。
いろんなこだわりがうれしいですね、ありがとう!アニメスタッフさん!
でも!バルサの人となりについて脚本家さんたちが語り合うシーンにはイラっとしちゃったよ!ごめんね!

 
ここから先は監督さんやアニメスタッフさんのファン方が読んだらかなりイラっとすると思うんで、そんな方たちは読んじゃダメさ!
続きを読んでみますか、イラっと
posted by シカバネ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

寺へ

…ってギャグがあの当時ははやったよね…それはともかく、竹宮恵子さん原作の「地球へ」がTVアニメ化でーすよー。
おぉお…精霊の守人のアニメも始まるし土曜日はDVDのHDD残量に気をつけなきゃ。
公式HPを見てみまいた。おぉ…お?誰これ?
すんまっせん、ジョミーが一瞬分かりませんでしたよ。この鼻と唇の描き方は結城さんか…。
大丈夫、初っ端違和感感じても見慣れるから。
まーぶっちゃけソルジャーブルー没後は果たして見続けるかどーかなんで(暴言失礼)、ソルジャーブルーさえカッコよく描かれていれば…ブルーの声優さんは杉田智和さんですか。
今までどんな役をやってるのかしら、えーと坂田銀時…銀さんかぁー…脳内リプレイ中。
かっこいいいお声だぁ…かっこいいけど…ソルジャーブルーの声としちゃ野太ぇ!
いや…映画版の声はすっかりわすれてしまったが、キャストをみると映画版では志垣太郎さんだもの、それよりは…。
映画版の声優さんって思い出せないわー。
フィシスの声を思い出そうとしても小原乃梨子さんのイメージが…。
んー…、あ、アレだ「私はミーメ…ハーロックに全てを捧げた女」か、そーかそーか、あのイメージだったのね、私の中では。
戦う男、ってコトなら杉田さんのソルジャーブルーはステキかもなー、ちょっと期待。
女神的なイメージのあるフィシスはどんな風に描かれるのかな。とりあえずあのふわふわの髪質はあれ?ってカンジだけどね。
ん?原作のフィシスってどんなだったっけ、竹宮さんの描かれる美少女キャラなら髪はフワフワなのが正当なのかな、思い出せない。
デザインに関しては…私は別に原作そのままでもいんじゃね?って気もするのですが(キャラデザはさして変化なさげだし)、昔のマンガなのでやはりデザインが古臭いよ、と友人に言われて軽くショック。
「ソルジャーブルーのヘッドフォンみたいな補聴器はどーにかならんかな」ってのが友人の主張でしたが、それ言っちゃうと、マシン体内埋め込みだよね。ナノマシンとか。
それは味気ない。そしてキャラクターのデザインを変えるとなると一番のネックって髪型か?
…いやー!ソルジャーブルーの髪型はあのままでいいのー!!あのままがいいのー!
ソルジャーブルーが普通にTシャツ着てる姿なんて考えたくもないー!…いや、ちょっと見たいか?可愛いかもな。
posted by シカバネ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

はぴらきビックリマン

…が面白いです。
ビックリマン、新ビックリマンと大好きだったのですが、なんかティスト近くない?とうきうきです。
EDも好きですー。なんせ歌ってるのが田中真弓ちゃんだしー、うーふーふー。気づくと鼻歌ってますよ。
真白側と真黒側、どっち側の歌もかわいいわー。
キャストさんに関しても今のところ若神子も十字架天使もイメージとずれてなくって好きー。
牛若が…どうみてもパタリ…下膨れがより一層強調されて…。
ウッシーがあんまり喋らないので「草尾くんがウッシーとヤマトを演っても問題ないんじゃ…」なんて思いましたよ、
アリババが人間不信になってるのも…まぁ、最期がデュークアリババで止まっちゃってたから…可哀想になー。
で?今後ロココさまとマリアちゃんは?出るの?出ないの?
そこんとこがかなり重要なんですけど私にとっちゃぁ。
posted by シカバネ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

シュガルーン

いったいどうやったらそんな寝癖がつくの、と言われた大の大人のシカバネです。
どうでもいいんです、そんな事。ワックスで立たせるまでも無く、好き勝手な方向に髪は飛んでますよ。
シュガシュガルーンのアニメにも漸く黒姫登場のようで、んー楽しみ。
私の地元ではシュガルンは未放映なのですが、姉からのオタク救済物資で楽しませてもらってるのです。
はじめて見た時は、安野モヨコの絵柄キツッ!漂う雰囲気キツッ!OPとんでもねぇ!主人公の声があまりにあまり!と見る気が全く起こらなかったのですが、見ているうちに楽しくなったわけです。
でもEDはいまだに直視できません。
「ささやくのラブ♪」で「笑い殺されるー!」とのたうった位で、どうも私はシュガルンの真っ当なファンの方とは合い入れない感性のようなので怒らないでくださいな。
えーと、で、シュガルンのキャラでお気になのは主人公ショコラちゃんのライバル・バニラちゃん。
大体においてライバルキャラとゆーか不憫なキャラが好きな性質なので、当然の様にバニラちゃん好きに。
バニラちゃんが不遇な目に逢うのに、うわー可哀想ーもっと堕ちてー、とか歪んだ目で見てしまうのですが、いくならトコトンいってほしいのです。
ライバルキャラといえば、イマイチ運に見放されている、とか、好きな男の子が出来ても彼は主人公にもどかしラブだったり、最初は主人公より優勢なのに最後の最後で負けるのがお約束とか。
バニラちゃんに力を貸しているのか、利用しているのか、イイヒトなのか苦悩のヒトなのか不明なピエールがショコラとらぶなのは明らかなのですが、せめて、バニラちゃんの事を好きな男の子が登場してくれんものかなー。
登場する男の子みんながみんな、ショコラちゃん好きなのがどーもなー。
いくらその他大勢の男の子から「ハートをハートをくださいなv」ってハートむしりとっても(それすら段々数少なく…)、それだけじゃ華やぎないよなぁ。
ここは妹属性を新たに付け加えて、ピエールとの間に兄妹のような愛情が…生まれるわけ無いですね。
バニラちゃんに幸せ訪れて欲しいような、もっと可哀想になってほしいようなー。
モキモキー。

posted by シカバネ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
最近のコメント
HDDが壊れた? by 人妻SEX換金所 (01/31)
HDDが壊れた? by スタービーチ (01/25)
HDDが壊れた? by モバゲー (01/02)
HDDが壊れた? by 中山大障害 (12/14)
HDDが壊れた? by 朝日杯フューチュリティステークス (12/06)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。