2006年07月30日

小さな国の救世主―なりゆき軍師の巻

小さな国の救世主―なりゆき軍師の巻/鷹見 一幸・著(メディアワークス刊行)を、読みました。
「でたまか」「クロスロード」が大好きなので(といってもでたまかも2部途中まで、クロスロードは無印だけなんですが…ホント、すいません)鷹見さんの作品はとりあえずチェックしてたんですが、表紙をみて「これはいらない本だなぁ」とスルってました。
で、2巻が発売されているのを見て、とりあえず一巻読んでみるか、と手にしたわけですが。
…あー…読み進めるのがちゅらぁい。
あらすじ紹介しますと、自分は「普通」の型枠に押し込められるのはいやなんだ、と呟く引きこもり青年が、ちょっとした冒険心から他国の戦争に巻き込まれ(はしょりすぎてますか)某巨大掲示板のチカラを借りてゲリラ戦を勝利するぞー、とそんなお話です。
「普通であることを強制する日常」をイヤイヤイヤーンと嫌がる割には、特に秀でたトコも箍の外れたトコもない主人公なので、読んでてイライラ増大
成長物語なんだろうなぁと思って読んでたのですが、読めば読むほど主人公の甘さと、主人公の周囲の「普通」な人間ってのは、どんな異常な「普通」人なんだよ、ともーイライラ。
主人公が、自分のやってることはバカなコトだろう、でも自分は「普通」じゃないんだ!バカというならいうがいいさ!みたいな?コトしょっちゅう内心で叫んでるんですけど、いや、やってることは普通の人間もやることだから。
ちょっと関わってしまった女の子が自分の行動ヒトツで命を落とすかもしれない、そんなの嫌だ、だから検問破りに協力する、って普通のことでしょ。
分かりやすく人殺しに協力、とかじゃなくって、バックグラウンド考えずに目の前の可愛い女の子を助けるために、ちょっと検問破り。
もっと言っちゃえば後の見通し甘い考えなしの善良な一般市民なら尚更だと思います。
むしろ、そこでお世話になった女の子たちを敵側の前に引き出す様な真似するなんて、どんなおばかさんだ、どんな凶悪な人間だよ。
主人公、君の中の「普通な人間」ってどんな「非情」な人間なんだ?
でも、きっと成長物語なんだから…で、物語大詰めで「パソコンで巨大掲示板にスレ立て成功」。
…あーいたたたたー…。
ネットに張り付いて他人にネタ出しさせて、主人公は辛い徹夜明けにやり遂げた顔で眠れます…うあぁー…や…やり遂げた?何を!?自分で何を!?
「オレはオレの方法で戦車のやっつけ方を考えた」…あー痛い痛い痛いー!
考えたの主人公じゃなくって、某巨大掲示板の住人でしょ!?
そこでまたゲリラのお姉さんも何で納得しちゃって成長認めたような台詞吐くの!?
そりゃーまー頭の中身も身体能力も度胸も根性も「普通」の域を出ない(むしろ身体能力並み以下?)主人公を活躍させようってーなら、突然覚醒した魔法だとか超能力だったりの「ある日突然」要素なんだろうけどにゃー…。
こーれーはあまりにもー…。
自分のチカラでさえないしにゃー…。

結局ぱら読みで済ませてしまった…。無理…私にこの本を完読するのは無理でしゅ。
あおり文句は「いまどきの救世主の物語」。
この「いまどき」は「救世主」ではなくて「物語」にかかってくるのですね…。
鷹見作品に限らずライトノベルって大半読むのが辛い本ばっかりで(あんまり世の中なめた物語増産されてもなぁ…)若い子の本離れが心配になるんですが…。
どんなもんなんですか?ライトノベルを作ってオラレル出版社の皆しゃま。

posted by シカバネ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21650511

この記事へのトラックバック
記事検索
 
最近のコメント
HDDが壊れた? by 人妻SEX換金所 (01/31)
HDDが壊れた? by スタービーチ (01/25)
HDDが壊れた? by モバゲー (01/02)
HDDが壊れた? by 中山大障害 (12/14)
HDDが壊れた? by 朝日杯フューチュリティステークス (12/06)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。